【岡崎市】不登校相談・学習支援・フリースクールはお任せ!不登校のタイプと対応方法

近年よく耳にするようになった不登校の問題ですが、正しい知識や適切な対応方法が十分に周知されているとはいえません。そのため、「甘えているだけ」と判断されたり、「見守り」として放置されてしまったりしているケースが多く見られます。そこでこちらでは、不登校のタイプについてご紹介します。

また、それらのタイプ別の対応方法についても解説いたしますので、ご自身のお子さんや受け持ちの児童が不登校でお困りの方はぜひご覧ください。岡崎市の月光相談事務所では、不登校相談に対応しております。

不登校の7つのタイプとは?

ミニチュアな机と椅子

文部科学省では、不登校について「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義しています。

少し難しい言い回しですが、簡単にいうと「病気や経済的理由以外の理由で学校に行かない、または行けない状態が30日続いている状態」ということです。

同じ不登校でも、その背景には様々な要因があり、文部科学省は不登校のタイプを以下の7つに分類しています。

学校生活の影響型

授業についていけない、同級生からのいじめやいやがらせ、先生との人間関係トラブルなど、不登校のきっかけが学校生活にあるタイプです。

遊び・非行型

非行グループに入ったり、遊んだりするために登校しないタイプです。家庭環境に問題がある子供も多く見られます。

無気力型

明確な理由はないものの、「なんだか行く気がしない」と無気力になって登校しないタイプです。登校しないことに特別な罪悪感もありません。

不安など情緒混乱型

本人の中に「登校したい」という意思はあり、前日の晩には「明日は学校に行く」と準備をするものの、当日の朝になると「お腹が痛い」など身体的不調や、漠然とした不安や恐怖を訴えて登校できないタイプです。

意図的な拒否型

「学校よりも家の方が勉強できる」「1人で過ごしたい」など、自分の強い意思で学校に行かないタイプです。

複合型

これまでご紹介してきた1~5の要因が混ざり合い、どれが最も大きい要因であると決定できないタイプの不登校です。

その他

1~6のタイプに当てはまらないタイプです。

岡崎市で不登校のお悩みをお持ちなら、月光相談事務所の不登校相談をぜひご利用ください。月光相談事務所では、不登校やひきこもりの経験を持つカウンセラーが子供の気持ちに寄り添ったカウンセリングやサポートを行います。

不登校の対応方法

涙を流す人形と覗き込む人形

不登校の子供は心が不安定になっているため、適切な対応によるケアが必要となります。こちらでは、不登校の対応方法をタイプ別にご紹介します。

学校生活の影響型

まずは原因をしっかりと特定することが大切です。授業についていけない場合は学習支援を受けたり、学習方法を工夫したりすれば解決することがあります。

また、人間関係のトラブルでは子供に寄り添い、味方であることを伝えながら、しっかりと対応していくことが求められます。フリースクールを活用するのも一つの方法です。

遊び・非行型

このタイプでは、不登校になる前に遅刻や欠席といったサインが現れます。それらのサインを見逃さず、早めに対応することが求められます。強硬な姿勢で対応すると反発を招き、状況を悪化させてしまう可能性もあるため、信頼関係を築いて子供の話に耳を傾けるようにしましょう。

無気力型

表面的には怠けているように見えても、実際には幼少期から自主性や自己肯定感が十分に育まれておらず、学校へ行く意味や学校で楽しめることを主体的に見つけられないことが大きな原因となっています。まずは時間をかけて子供の主体性を育むことが大切です。

不安など情緒混乱型

このタイプの背景には、

  • 保護者と離れるのが怖い分離不安
  • 頑張りすぎによる息切れ
  • 家庭で甘やかされたことによる社会生活での必要なスキル不足
  • 離婚や死別などによる家庭内の不安定な状況

などがあります。まずは子供の置かれた状況を丁寧に聴き取り、子供だけでなくご家庭にも働きかけることが求められます。

意図的な拒否型

本人に強い意思があるため、無理に説得しても反発を生むだけとなってしまいがちです。本人の気持ちを聴き、意見を押し付けずに話し合うことが大切です。

複合型

不登校の要因が複雑に混ざり合っているため、情報を収集・整理することが大切です。ご家庭で問題を抱え込まず、必要に応じて医師やカウンセラーなど専門家の力を借り、一つずつ着実に解決していきましょう。

その他

不登校の子供全員が上記のタイプに当てはまるわけではありません。タイプに当てはめることで対応方法がわかりやすくなりますが、何よりも大切なのは“不登校によって何を訴えているのか”ということです。

どのタイプに当てはまるのかということだけにとらわれず、目の前の子供をよく見て「この子が幸せになるにはどうすればいいか」を一緒に見つけるようにすることが大切です。

岡崎市で不登校の子供の対応にお困りなら、月光相談事務所の不登校相談にお問い合わせください。フリースクールや学習支援のサービスを提供する団体と連携しているため、状況やご要望に合わせてご紹介することも可能です。

表面的に現れる問題行動の解決ではなく、子供の内面に寄り添った本質的な支援をご提供いたします。

岡崎市で不登校相談・フリースクール・学習支援をお探しなら月光相談事務所

岡崎市で不登校相談をするなら、月光相談事務所にお任せください。愛知県岡崎市にある月光相談事務所では、不登校にお悩みのご本人からご家族、支援者の方までしっかりとサポートを行う不登校相談を行っております。

また、月光相談事務所ではフリースクールや学習支援のサービスを提供する団体と連携しており、多角的な視点から不登校のお悩みにアプローチすることが可能です。

「不登校の子にどう接すればいいかわからない」「勉強が遅れることが心配」「将来どうなっていくの?」といった不安や疑問を抱えている方は、ぜひ一度岡崎市の月光相談事務所の不登校相談をご利用ください。

岡崎市で不登校相談・フリースクール・学習支援をお探しの方は月光相談事務所へ

会社名 月光相談事務所
住所 〒444-3524 愛知県岡崎市竜泉寺町百々13
創業年月日 令和2年(2020年)4月1日
代表 若山 健太
理念

暗い・真っ暗・分からない

その人にちっぽけでもいい光を照らしたい

営業日 平日 月~金(不定期で、土・日も可)
営業時間
11:00~21:00
※現在、NPO法人ルリアン 大地の学校の顧問契約中の為,問い合わせ及び電話対応が遅れる可能性があります。
事業内容
  • ひきこもりの当事者及び家族向けのコンサルティング業
  • 障害福祉サービス事業所向けコンサルタント業
  • 研修・講演活動
  • 地域づくり企画 etc...

しっかり相談を依頼したい方は、予約制です。
お問合せに関しましては、即日必ずお返事いたします。

※お返事の時間については、遅れる可能性があります。

TEL 090-6096-0287
URL https://gekkousoudannjo.com/
PAGE TOP