相談対象内容

キャリア教育

キャリア教育とは、一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育

キャリア支援

学生が自己の能力や適性、志望に応じて卒後の進路を主体的に選択し、社会的、職業的な自立を図るために必要な能力を培うための支援体制。支援は教育課程やガイダンスの実施、就職に関する情報の収集・提供等を通じて行われる

障がい者支援

自立生活援助は、障害者支援施設やグループホーム等から一人暮らしへの移行を希望する知的障害者や精神障害者等に対し、定期的に居宅を訪問し、食事や洗濯、掃除に課題はないか、公共料金や家賃に滞納はないか、体調に変化はないか、通院しているか、地域住民との関係は良好かなどについて確認を行い、必要な助言や医療機関等との連絡調整を行うものであり、また、定期的な訪問だけではなく、利用者からの相談があった際には、訪問、電話、メール等による随時の対応も行うものである。

不登校支援

  • 子どもが不登校…
    どうやって解決したら良いのか解らない…
  • 不登校の子どもを目の前にした時、どんな声をかけたらいいのか、迷ったことはありませんか。「なぜ、学校に来ないのかな。」と聞いても、子どもが黙っているばかりだとしたら、子どもへかかわる視点を変えてみることが必要なのかもしれません。
  • 不登校の子どもの支援者が、ときとして、表面的に現れる子どもの問題行動(例えば学校に来ない、遅刻する、忘れ物が多い等)に目がいってしまい、子どもの内面(例えば自信がない、気になることがあって眠れない等)に向き合おうとしなかったり、子どもに対して否定的な見方をしてしまったりすると、子どもはさらに心を閉ざしてしまいます。また、そうなった時には、支援者自身もきつい思いをしてしまうことになります。

このように、不登校の子どもの問題点を直接的に解決しようとする支援の姿勢は、本当にその子どもの問題解決のための支援になっていないことも多いのです。
不登校の子どもは「心のエネルギーが落ちている子ども」だととらえるならば、「その子どもの心のエネルギーを高めること」を目指すことが、支援者の役割になります。エネルギーが高まれば、子どもは自分の力で動き出し、自立へと向かうでしょう。

個別進路支援(キャリアプラン)

今後のことを考えたら…
どの道にいけば良いのか解らない…

キャリアプランは、悩んでいても解決しません。早く行動することが大切です。

対象者 小学生~

福祉事業主の支援

福祉労働者への支援、無資格、知恵、知識の研修や勉強会、営業、コーディネーターとして依頼したい。

その他の悩み

  • メンタルヘルス不調
  • ジョブカード作成支援
  • 引きこもり
  • いじめ etc…

支援事業所

PAGE TOP